一般財団法人
日本ハラスメントカウンセラー協会
Japan Harassment Counselor Association Inc.Foundation

一般財団法人日本ハラスメントカウンセラー協会は、一般財団法人全日本情報学習振興協会と検定試験・研修・ハラスメントマーク制度などを協同して推進しています。

NOハラスメントの楽しい職場をつくる

PSMハラスメント発見アンケート

認定ハラスメント相談員Ⅱ種
認定研修開催中

>>詳細はこちら

【開催日】11月27日・12月7・12日


申込者の方全員に
認定ハラスメント相談員試験公式テキストプレゼント!

「ハラスメント」と「メンタルヘルスマネジメント」

【会員無料】先着限定150名11月14日(木)

第25回講演会



PSMハラスメント被害発見アンケートとは

ハラスメント事案は、まずは早期発見、早期対応することが最も重要です。発見が遅れ、対応が遅れることで、事案は複雑化、深刻化、重大化し、場合によっては、被害者と加害者の間の問題にとどまらず、企業を巻き込んだ訴訟等にも発展しかねません。

ところで、会社としての早期発見方法は、原則として実態調査アンケートが最も効果的です。

相談窓口の設置や講習もハラスメントの防止や予防には大きな効果がありますが、早急に事案を把握することができない場合も多くあります。

しかしながら、相談窓口の設置や研修会は右の表のとおり、それぞれ82,9%、63.4%と、多くの企業で実施していますが、アンケート調査は28.3%でしか行われていません。

当協会は、企業様が迅速に、そして適切かつ有効なアンケート調査ができるように、実施をサポートしていきます。また、企画から集計まで、代行業務を行っています。


【PSMハラスメント被害発見アンケートの特徴】

当協会のアンケート調査システムでは、回答者が正直に回答できるように配慮して、個人集計結果や、問題ある個別の内容に関する回答について、会社への報告は本人の同意のある事案に限定し、同意のない事案については、会社に報告しないことを条件として実施しています。

ただし、放置できない回答については、協会より回答者に適切な行動についてアドバイスを行ったり、回答者にメール等で対応を行います。

いずれにしても、隠れたハラスメントの存在や、会社全体でのハラスメントの傾向、他社との比較数値や実態を把握することができます。

なお、同意のない個人の結果は会社に報告しませんが、部署や支店ごとの平均値、会社全体の偏差値、様々な傾向など、ハラスメント防止に必要となる事項はもちろん報告いたします。


  1. 本チェックテストの種類には下記の4種類とその簡易版があります。
    1. 男性管理職 70問版
    2. 女性管理職 70問版
    3. 男性一般社員 70問版
    4. 女性一般社員 70問版
  2. 回答形式には次の2つの方法があります。
    1. マークシートによる形式
    2. パソコンやスマートフォンからの入力形式
  3. 実施費用

    料金の単位は円

    PSM被害発見アンケートに要する費用(事業者規模別)
    事業者規模 小規模事業者 中規模事業者(1) 中規模事業者(2) 大規模事業者
    対象従業員数 100人未満
    (費用は50人)
    100人以上300人未満
    (費用は200人)
    300人以上1000人未満
    (費用は650人)
    1000人以上3000人未満
    (費用は2000人)
    基本料金 50,000円 100,000円 200,000円 500,000円
    Web版単価(1人) 500円 300円 250円 200円
    シート版単価(1人) 1,000円 900円 800円 700円
  4. アンケート実施により確認、集計する内容(一部)

    1. 対応が必要で本人の同意を得たハラスメントの具体的な内容
    2. 具体的なハラスメント種類別の発生件数
    3. 本人の同意がなく、具体的な報告ができないので、協会が本人に対応しているハラスメントの概要
    4. 様々なハラスメントの種別ごとの発生リスクについての集計結果
    5. 他社を含めた種別ごとのハラスメントの発生リスクの偏差値
    6. 当社内の部署ごとのハラスメント発生及びリスクの比較
    7. 社内習慣によると思われるハラスメントの発生状況
  5. 第3者実施について

    前述しましたが、現在、ハラスメントに関して社内のアンケート(実態調査)を実施している企業は3分の1にも達しません。

    これは、企業がアンケートを実施すること自体を恐れている場合と、調査の具体的な実施方法が分からない場合の、2つの理由によるものと思われます。

    すなわち、アンケート調査で、多くのハラスメントの実態が明らかになり、会社にとって都合の悪い結果が出てしまうのではないかと心配する、いわゆる「パンドラの箱」を開けてしまうのではないかという根拠のない恐れがあるようです。

    また、もう一つは作業的な問題で、自社のアンケートであるからこそ、項目をどのようにすれば良いか、どのような回答欄を作れば良いかと、考え過ぎたり、悩んでしまっている面があると思われます。

    当協会は、第3者実施期間として、客観的な判断により、迅速に適切にアンケートを実施致します。この機会に是非当協会のアンケートシステムをご利用下さることをお勧めいたします。


【セクハラ被害発見アンケートサンプル】(女性用・男性用から抜粋)

このアンケートは、職場のハラスメント防止を目的とするものです。あなたの意に反して、結果を会社に報告することはありませんので、下記の同意内容をチェックして、できる限り正確にお答えください。

このアンケートで答えられた具体的内容を、会社の担当者に報告して良いか否かについてお答え下さい。ただし、状況の改善には本来は報告することが必要であることを加味してお答え下さい。なお、「イ~ニを個人情報が分からないようにデータ化した数値」は、会社の担当者に報告しますのでご了承下さい。

  • イ.一切の報告を拒否
  • ロ.匿名なら良い
  • ハ.自分に一度連絡してほしい
  • 二.報告しても良い

次の質問について、「そのようなことが、今までにあったか、なかったか」について、
(イ.一切なかった)(ロ.たまにあった)(ハ.しばしばあった)(ニ.間違いなく、いつもあった)の中から1つ選んでマークして下さい。

なお、質問内容が、厳密に考えると異なる場合や、内容の一部に当てはまる場合など、完全に一致しない場合でも、同じようなことがある場合など、できるだけ該当する者にマークして下さい。

  1. 宴会では、接待は女性の役目といった風土があり、上の方が気分良く飲んで頂けるようにと言う事で、役員や部長などの隣に、できるだけ女性社員が座るように言われて配置替えになったことがある。
    • イ.一切なかった
    • ロ.ときどきあった
    • ハ.しばしばあった
    • 二.間違いなく、いつもあった
  2. 私の職場では、女性社員などの容貌や体型、年齢、プライベート等について、同僚の間で話題にされることが多い。私も年齢や彼氏がいるかどうかを聞かれた事がある。
    • イ.一切なかった
    • ロ.ときどきあった
    • ハ.しばしばあった
    • 二.間違いなく、いつもあった
  3. 様々な理由を付けて、肩や腰に何気なく触れたり、偶然を装って待っていたり、断っても、しつこく何度でも、交際を迫って来られて、困っている。
    • イ.一切なかった
    • ロ.ときどきあった
    • ハ.しばしばあった
    • 二.間違いなく、いつもあった
  4. 結婚や出産については直接は何も言わないが、女性は統計的に勤務年数が短い、だから、「女性は長期的で継続性を必要とする重要な仕事には、就かせにくい」などと言われたことがある。
    • イ.一切なかった
    • ロ.ときどきあった
    • ハ.しばしばあった
    • 二.間違いなく、いつもあった
  5. いわゆる仕事熱心な上司がいて、ぼやぼやしていると、机をたたいたり、物を投げ付けたりすることがある。本気ではないのかもしれないが、私も軽く頭を叩かれたり、近くに物を投げられたことがある。
    • イ.一切なかった
    • ロ.ときどきあった
    • ハ.しばしばあった
    • 二.間違いなく、いつもあった
  6. 注意する際、わざと人がいる前で、「バカ」だとか、「クズ」だとか、「すぐ忘れてしまう」とか、「のろま」とか、「根性が曲がってる」など、侮辱的な言葉で叱責したり、お説教されたりしたことがある。
    • イ.一切なかった
    • ロ.ときどきあった
    • ハ.しばしばあった
    • 二.間違いなく、いつもあった
  7. 今までやっていた仕事を、他の人より経験があるにもかかわらず、やらせてもらえず、最近は簡単な仕事ばかりをさせられている。自分からやりたい仕事を取り上げて意地悪をしているように思う。
    • イ.一切なかった
    • ロ.ときどきあった
    • ハ.しばしばあった
    • 二.間違いなく、いつもあった
  8. 今までやったことがなく、全く新しい仕事を、突然やれと言われ、殆ど指導を受けない状態で、ほら、といった雰囲気で仕事を与えられた。求められる通りにできなくて悩んでしまったことがある。
    • イ.一切なかった
    • ロ.ときどきあった
    • ハ.しばしばあった
    • 二.間違いなく、いつもあった
  9. 以前席替えがあって、私一人だけ他の人から離れた席に移された。最近では同僚も私を無視するようになってきている。いわゆる島流し状態になっている。 
    • イ.一切なかった
    • ロ.ときどきあった
    • ハ.しばしばあった
    • 二.間違いなく、いつもあった
  10. あなたが、職場でハラスメントを受けている場合や、受けたことがある場合、「だれに」、「いつ」、「どこで」、「 どのように」 されたかを具体的に50字程度で、端的に記入して下さい。


認定ハラスメント相談員試験 公式テキスト 無料プレゼント
(3,800円相当)

ただいま対象の研修をお申込みの方全員に認定ハラスメント相談員試験公式テキストをプレゼント中です。研修内容の復習や実務においてのポイント確認などにお役立てください。

    対象の研修
  • 認定ハラスメント相談員Ⅱ種研修
  • ハラスメントカウンセラー認定研修
  • ハラスメントマネージャーⅡ種認定研修
  • 研修当日にお渡しいたします。

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら


第2回「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

ゼロ・ハラスメントマーク制度



申請書(個人用)

各種研修の受講料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。


PAGE TOP ▲