一般財団法人
日本ハラスメントカウンセラー協会
Japan Harassment Counselor Association Inc.Foundation

一般財団法人日本ハラスメントカウンセラー協会は、一般財団法人全日本情報学習振興協会と検定試験・研修・ハラスメントマーク制度などを協同して推進しています。

NOハラスメントの楽しい職場をつくる

上級ハラスメントマネージャー認定研修

「主任ハラスメント相談員認定」制度

認定ハラスメント相談員Ⅱ種に認定及び認定ハラスメント相談員1種試験に合格した方は
「主任ハラスメント相談員」資格に認定!

詳細はこちら

「上級ハラスメントマネージャー認定」制度

ハラスメントマネージャーⅡ種に認定及び認定ハラスメントマネージャー1種試験に合格した方は「上級ハラスメントマネージャー」資格認定!

詳細はこちら


>>在宅や社内から受講できる「認定ハラスメント相談員Ⅱ種研修」のオンライン受講 詳細はこちら

>>在宅や社内から受講できる「ハラスメントマネージャーⅡ種認定研修」のオンライン受講 詳細はこちら

>>在宅や社内から受講できる「労働施策総合推進法の改正の施行について」のオンライン講演会 詳細はこちら


事業主がハラスメントを防止する措置を講ずるにあたっては、ハラスメントの知識を有し、高いマネジメント能力を持った管理者・指導者が必要になります。

また、ハラスメントを発生させないためには、体制の構築だけでなくハラスメントに関する意識を啓発するために、研修・講習等を実施し、新入社員等を継続して研修することができるような教育体制のも必要となります。

上級ハラスメントマネージャー認定研修では、ハラスメント防止のための体制の構築から事案発生時の対応等、全体を通してマネジメントを行う能力の養成に加え、実務上での判断材料となる裁判例の研究や、インストラクションに関する技能、プレゼンテーション技法も学んでいただきます。


上級ハラスメントマネージャー認定研修は、本来2日間の研修をもって認定されますが、ハラスメントマネージャー(Ⅰ種またはⅡ種)を取得済みの方は、1日目が免除となります。
ハラスメントマネージャーを取得済みの方は下記のページよりお申込みください。

>>お申込みはこちら

ご注意ください。1日目と2日目で開催方法が異なります。

1日目はオンライン受講 2日目は公開会場受講

≪開催日・開催時間≫

1日目講習(オンライン受講):
令和2年12月10日(木) 9:30~16:30(6H)

オンライン受講 >>>オンライン受講とは?


2日目講習(東京/東京駅):
令和2年12月17日(水) 9:30~16:30(6H)

【東京/東京駅】AP東京八重洲(KPP八重洲ビル 7・10・11・12・13階)
(東京都中央区京橋1-10-7/東京駅八重洲中央口より徒歩6分)

【 沖縄・北海道・中国・四国・九州 】の方で講習会日程が近い時期でのお申し込みは、資材の発送が間に合わない可能性がございますので、ご相談くださいませ。

会場は変更になる場合がございますので、ご了承下さいませ。

研修に申込む

≪講師≫

東京エクセル法律事務所 坂東利国弁護士(東京弁護士会)

≪受講料≫

80,000円(税抜)

≪用意する物≫

(1日目)筆記用具、パソコン、オンライン受講システムのログイン情報、資料、下記書籍、Webカメラ

1日目はオンライン受講につき、おひとり様一台パソコンをご用意ください。

Webカメラをお持ちで無い方は、以下のボタンからWebカメラレンタルのお申込みをお願いします。

Webカメラレンタルお申込み

(2日目)筆記用具、資料、下記書籍

≪使用書籍≫

講習会ではレジュメ等の他に下記の書籍を使用します。書籍代は受講料に含まれます。書籍は1日目講習日の前日までにお送り致します。

ハラスメントマネージャーⅠ種認定試験
公式テキスト

全日本情報学習振興協会
弁護士 坂東 利国 著
3,800円(税抜)
370頁
≪上級ハラスメントマネージャーに認定された証明≫

認定証書と認定カードが交付され、ロゴが使えます。

研修に申込む

講師紹介

東京エクセル法律事務所
坂東利国弁護士(東京弁護士会)

<講師プロフィール>
  • 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
  • 東京弁護士会弁護士
  • 日本労働法学会
  • 日本CSR普及協会所属


研修に申込む



ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら
ゼロ・ハラスメントマーク制度



申請書(個人用)

各種研修の受講料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。


PAGE TOP ▲