一般財団法人
日本ハラスメントカウンセラー協会
Japan Harassment Counselor Association Inc.Foundation

一般財団法人日本ハラスメントカウンセラー協会は、一般財団法人全日本情報学習振興協会の「ゼロ・ハラスメントマーク制度」を協同して推進しています。

NOハラスメントの楽しい職場をつくる

企業認証の更新

ゼロ・ハラスメントマーク制度では適格決定後、認証の登録証が交付されますが、その日時より2年間が有効期限となります。有効期限内の2年間は「新入社員のハラスメント研修」や「相談システムの運営」「マニュアルなどの定期的な見直し」などを適正に行って頂きます。

ゼロ・ハラスメント認証を継続される場合、有効期限の3カ月前には更新の手続きのための「更新申請書」の提出をお願い致します。

ゼロ・ハラスメント認証の継続にあたっては、初期認証時に研修を行った社員の研修は4年間免除され、4年後に再研修することになります。まだ研修を行ってない社員の研修、すなわち新入社員や移動してきた社員の研修の徹底を図って頂きます。

再申請料、継続審査料、継続認証料、新認証楯(登録証)などが必要となりますが、費用は初期認証時の50%となります。

認証更新時に要する費用(事業規模別)

組織規模 小規模事業者 中規模事業者(1) 中規模事業者(2) 大規模事業者
対象従業員数 100人未満 100人以上
300人未満
300人以上
1000人未満
1000人以上
3000人未満
再申請料 50,000 50,000 50,000 50,000
継続審査料 150,000 300,000 500,000 1,000,000
継続認証料 150,000 300,000 500,000 1,000,000
新認証楯作成(1個) 20,000 20,000 20,000 20,000
新認証楯数(事業所分) 1 2 3 4
新認証楯作成費 20,000 40,000 60,000 80,000
合計(想定) 370,000 690,000 1,110,000 2,130,000

継続審査は、更新申請書の提出後に担当弁護士、協会審査員などが再度の認証審査を行います。

幹部から、継続してハラスメント方針が明確化されていて、周知・啓発しているかを聞きとり、ハラスメント管理士からは、ハラスメント管理体制運営実態についての聞き取り審査、認証時に作成された規定やマニュアルチェックが現在も適正に機能しているか、ハラスメント相談は常時、適正に運営されているかなどについて聞き取ります。

なお、継続認証適格の決定にあたっては、一部相談内容についての報告書などの確認を行い、適正か否かについても検討する場合がありますので、予めご了解ください。

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら

ハラスメントから会社を護る

第2回 令和元年10月20日開催

認定ハラスメント相談員試験

6月27日申込受付開始

詳細はこちら

第2回

「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

ゼロ・ハラスメントマーク制度

「令和」川柳コンテスト



申請書(個人用)

各種研修の受講料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。


PAGE TOP ▲